top
土地・建物の調査測量。宅地造成工事に関する設計監理
お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

宅地造成事業の流れ

1.BASIC IDEA

基本構想

都市計画図、航空写真等を参考に基本計画図、目論見書を作成し、事業計画の基礎資料を作成します。
2.EXAMINATION

調査

登記簿等により、権利関係の調査を主体とし、環境・地理的条件等の基礎事項の調査を行い、開発区域の決定資料とします。
3.SURVEYING

測量

基準点測量・境界点測量・平面縦横断測量・流末河川測量等を行い、用地買収の為のデータ作成を行います。
4.PLAN

設計

宅地造成詳細設計を施主並びに関係行政機関と協議しながら進めます。
5.MANAGEMENT

施工監理(宅地造成工事)

造成工事の施工・監理・変更の処理等を行い、スムーズな完了検査手続きを目指します。
6.SETTLEMENT SURVEYING & REGISTRY

確定測量・登記

境界線の設定後確定測量を行い、登記業務(地目変更、合筆、分筆等)手続きを行います。(関連業務)