ケーブルでつながる。家族がつながる。

フリーコール 0120-21-2647 受付時間 9:00~19:00 (定休日/日曜日)

CGIについて

CGIスクリプトについて

言語

CGIにご利用可能な言語はPerl、シェルスクリプト(sh)です。 C言語、SSIはご利用いただけません。

perlのバージョン

perlのバージョンは5です。 パスは、「/usr/bin/perl」になります。
スクリプトの1行目は「#!/usr/bin/perl」と記述してください。

sendmail

sendmailのパスは「/usr/lib/sendmail」となります。

参照URL

CGI実行ファイルは「http://cgi.ccsnet.ne.jp/~****/cgi-bin/」に保存してください。
その他のファイル(HTMLファイル、画像ファイル等)は「http://www.ccsnet.ne.jp/~****/」になります。
(****部分はお客様が取得したアカウント名です。)

ご注意

CGI実行ファイルとそれ以外のファイルの設置場所が異なるので以下の点にご注意ください。
(文章内の****部分はお客様が取得したアカウント名です。)

CGIでHTMLファイルにリンクする場合、相対パスは利用できません。
次のようにhttpからはじまる絶対パスで指定してください。

例) <a href=”http://www.ccsnet.ne.jp/~****/>トップページへ戻る</a>

CGIでイメージファイルを表示する際も同様に次のよう絶対パスで記述してください。

例) <img src=”http://www.ccsnet.ne.jp/~****/image.gif&quot>

また逆にHTMLファイルからCGIファイルにリンクする際にも絶対パスで記述してください。

例) <a href=”http://cgi.ccsnet.ne.jp/~****/cgi-bin/bbs.cgi&quot>掲示板へ</a>
ファイル名を省略した場合はindex.cgiが表示されます。
「web」ディレクトリにCGIの実行とは関係のないファイルを置いても、ブラウザに表示させることはできません。

動作確認

スクリプトを作成したら文法チェックを必ずおこなってください。

ファイル転送時の注意

CGIの設置場所

CGIスクリプトは、/web/cgi-binディレクトリに置いてください。
(CGIを実行するファイルは拡張子が「.sh」、「.pl」、「.cgi」のファイルです)
その他の任意のディレクトリではCGIスクリプトを実行できません。
FTPソフトを使ってFTPサーバーにログインすると「web」フォルダが見えます。
webフォルダをクリックすると、「cgi-bin」フォルダがあります。そこへCGIファイルをアップロードしてください。
URLは「http://cgi.ccsnet.ne.jp/~****/cgi-bin/」になります。
(****部分はお客様が取得したアカウント名です。)

転送モード

CGIスクリプトなどのテキストファイルを転送する場合は、FTPソフトの設定で、必ず、転送モードを「ascii」、または「テキスト」にしてから、転送して下さい。

その他の注意

telnet接続はご利用いただけません。
nkfやjcode.pl等汎用的なパールのライブラリは当方では用意しておりません。各自でご用意ください。
サーバーに負荷をかけるようなCGIは、サーバーやCCSNETをご利用いただいている多くの方々にご迷惑がかかります。
負荷をかける、またセキュリティ・ホールとなるCGIを作成しないようご注意ください。
無限ループに陥るようなスクリプトにもご注意ください。
弊社にて不正な動作をするCGI、またはロボット等により異常な書き込みがあるのに放置されているような場合には、実行停止措置(executeパーミッションの変更)をおこなう場合があります。あらかじめご了承下さい。
CGIに関するある程度の知識を身につけられている方のご利用をお願いいたします。
CCSNETでは自作CGIの作成に関してのサポートはいたしません。ご了承ください。